育児中の孤独

赤ちゃんを産んだその日から始まるのが育児です。特に小さいお子さんをお持ちのお母さんにとっては、1日の大半を育児が占めていることでしょう。
お腹を痛めて産んだかわいい我が子ですが、現実には育児が辛いと感じているお母さんも少なくありません。

現代では核家族化が進み、両親だけで育児をしている家庭がたくさんあります。昼間お父さんが仕事に行ってしまうと、家ではお母さんと赤ちゃんの2人きりというのはよくある風景です。赤ちゃんの機嫌が悪かったり、泣き止まなかったり、そんな時もお母さんは1人で何とかしなければなりません。

昔は赤ちゃんのおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に住んでいて、少しの間赤ちゃんを見ていてもらったり、育児で困った時はアドバイスをもらったりということが出来る家庭が今よりも多くありました。しかし今は気軽に赤ちゃんを預けたり、育児に関するアドバイスをもらったりすることが出来ず、お母さんへの育児の負担が大きくなっています。

育児に追われて自分のことは二の次になってしまい、気が付けばまともな会話を誰ともしていないというお母さんも少なくありません。その結果、お母さんは育児で孤独を感じてしまうのです。
育児中に孤独を感じるお母さんは、核家族化が進む現代社会で増加しています。大切な我が子が産まれ、成長していく姿を間近で見ることができるのは幸せなはずなのに、その過程で孤独を感じ、育児を辛く感じてしまうのは悲しいことです。育児を楽しむには、育児中の孤独感の解消が1つの重要なポイントです。