育児中の孤独解消法

育児中の孤独解消法について紹介します
未分類

育児と心の病気

孤独感を解消して育児を楽しむには前に述べたように、ヘルパーを利用したり、支援センターで同じ境遇のお母さんと話したり、保健師や保育士の方に悩みを聞いてもらったりするなど、時には人に頼ったり、甘えたりすることも必要です。
それでも孤独感が拭えない時や、どんどん育児が辛くなり塞ぎ込んでしまう時は、もしかすると心の病気が隠れているかもしれません。

産後すぐはホルモンの影響で精神状態が不安定になりやすくなっています。通常は産後10日くらいまでには症状が軽減しますが、いつまでたっても症状がよくならない場合は産後うつや育児ノイローゼの可能性があります。
いずれの場合も症状がよくならないまま放っておけば、育児に支障が出るのはもちろん、子どもの精神面の発達にも影響が出てしまう場合もあります。

心療内科を受診するなど、専門家に見てもらうことが必要です。育児は決して楽なものではありません。けれども子育てに対する支援や施設を使うことでお母さんにかかる負担を軽減することができます。

第三者と話しをして、悩みを聞いてもらうことで心にも余裕ができます。母親になったからといって100%自分で育児をしなくてはならないのではないのです。周りと協力して共有することで、少しでも孤独を感じるお母さんが減り、育児を楽しめる社会になることが大切なのです。

未分類

支援センターの利用

赤ちゃんが成長してくると、しだいに外出することも多くなり、人と接する機会も増えてきます。しかし、生活が赤ちゃん中心なのには変わりありません。
出掛ける予定があっても、赤ちゃんがグズるので仕方なく中止したり、早々に切り上げて帰ってきたりということも珍しくありません。

また、赤ちゃん期が終わる1歳を過ぎてからは、自我も芽生えてくるので、外出先で気に入らないことがあると泣いて暴れてみたり、公園に行っても友達と仲良く遊べなかったりと、お母さんの悩みの種はいつまでも尽きません。外に行くといつも泣いて手が付けられなくなるから、外出を控えるようになってしまったというお母さんもいます。

他の子はいい子に見えるのに、どうしてうちの子だけこんなに我がままなんだろうと悩んでしまうお母さんもいます。解決策が見つからず、1人悶々としてしまい、赤ちゃんが大きくなってからもやはり育児に孤独を感じてしまうお母さんは多いのです。

こんな時に積極的に利用したい施設が、子育て支援センターです。子育て支援センターでは0歳から就学前までの子を対象としていて、親子で遊んだり、育児に関する情報を交換したり、悩みを相談したりできる施設です。
施設の開いている時間ならいつでも行くことができ、同じ年頃の子をもつお母さん同志で悩みを共有したり、保健師や保育士がいる施設もあるので、専門的な意見も聞けたりと、無理のない範囲で人と関わることができます。
また子育ての悩みや相談に役立つ情報サイトなどもあります。働きながら育児をしていて時間がないなど、様々な理由から支援センターの利用が難しい方は、こういったサイトで情報を集めたりするのもいいでしょう。

未分類

生後間もない育児

育児は24時間休みがありません。家庭の中に育児をする人がお母さんしかいなければ、ご飯を食べる時も、お風呂に入る時も、買い物に行く時も、お母さんは常に赤ちゃんと一緒にいなければなりません。
そしてもちろん寝る時も育児を休めるわけではありません。月齢の低い赤ちゃんには夜中も授乳が必要で、そのために何度も起きることになり、正に24時間育児をしている状態です。

出産後、実家などに里帰りをしている場合は、自分の身の回りの世話などをしてもらい、お母さんは育児に専念できます。しかし、実家に世話にならずに夫婦のみで産後間もない赤ちゃんを育てるとなると、お母さんは慣れない育児に加えて家事もこなさなくてはなりません。これはお母さんにとって体力的にも精神的にも大きな負担になります。

また外出も制限されるため、以前と比べて極端に人と接する機会が少なくなります。そのため社会からの疎外感や孤独感を持ってしまうお母さんも多いのです。

このように、頼る人が近くにおらず、生後間もない赤ちゃんを日中1人で見ているお母さんのために、家事や育児の手伝いをするヘルパーを派遣する事業を行っている自治体もあります。お母さんの家事、育児の負担を減らすだけでなく、第三者と一緒に過ごして会話をすることで、赤ちゃんと2人きりだった時に感じていた孤独感を解消することも期待できるのです。

未分類

育児中の孤独

赤ちゃんを産んだその日から始まるのが育児です。特に小さいお子さんをお持ちのお母さんにとっては、1日の大半を育児が占めていることでしょう。
お腹を痛めて産んだかわいい我が子ですが、現実には育児が辛いと感じているお母さんも少なくありません。

現代では核家族化が進み、両親だけで育児をしている家庭がたくさんあります。昼間お父さんが仕事に行ってしまうと、家ではお母さんと赤ちゃんの2人きりというのはよくある風景です。赤ちゃんの機嫌が悪かったり、泣き止まなかったり、そんな時もお母さんは1人で何とかしなければなりません。

昔は赤ちゃんのおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に住んでいて、少しの間赤ちゃんを見ていてもらったり、育児で困った時はアドバイスをもらったりということが出来る家庭が今よりも多くありました。しかし今は気軽に赤ちゃんを預けたり、育児に関するアドバイスをもらったりすることが出来ず、お母さんへの育児の負担が大きくなっています。

育児に追われて自分のことは二の次になってしまい、気が付けばまともな会話を誰ともしていないというお母さんも少なくありません。その結果、お母さんは育児で孤独を感じてしまうのです。
育児中に孤独を感じるお母さんは、核家族化が進む現代社会で増加しています。大切な我が子が産まれ、成長していく姿を間近で見ることができるのは幸せなはずなのに、その過程で孤独を感じ、育児を辛く感じてしまうのは悲しいことです。育児を楽しむには、育児中の孤独感の解消が1つの重要なポイントです。